排卵検査薬と尿の量や質

早期妊娠検査薬の通販で素早く正確に - ドクターズチョイスの妊娠検査薬がおすすめ

排卵検査薬は尿をかけたり浸したりして、尿中のhCGというホルモンを検知し、妊娠しているかどうかの判定をします。

使い方は生理予定日から一週間後以降、尿を検査紙部分に3秒ほどかけてしばらく判定を待つだけ。判定は10分を過ぎたものは蒸発線という紛らわしい線が出ることがありますから、それ以前に確認することが大事です。

簡単な使い方ですが、いざ使ってみると心配なことは多いですよね。3秒もかけれてなかったんじゃないかとか、むしろ多すぎたのではないかとか。そう思ってしまうと判定結果に疑問を持たざるをえませんから、多いにしろ少ないにしろ「過ぎ」にならないように気をつけましょう。

他にも早く検査をしたくて焦ってしまって出ない量を無理やり出したから足りなかったかもしれないとか、尿の量は十分だったが途切れ途切れの尿をかけてしまったとか、朝一番の尿じゃなかったとか、色々な心配はあると思いますが、検査薬にしっかりと終了線が出ていれば、正常に検査が出来たというしるしになります。

それに、生理予定日の一週間後以降なら、どの時間帯の尿でも正確に検査できますから心配はいりません。